ネイリストになりたい

ネイリストの就職先として真っ先に思い浮かぶのは
やっぱり「ネイルサロン」ですよね。

 

ネイルスクールへ通っていたり、ネイリスト講座などで勉強している場合も
実際に現場に出るときはネイルサロンに勤務する人が圧倒的に多いです。

 

ただ、そうはいっても必ずしもネイルサロンに就職する必要はなく、
ほかにも色々と選択肢は考えられます。

 

  • ネイルサロン
  • 美容室
  • ブライダルサロン
  • エステサロン
  • 独立
  • ネイルスクール講師

などなど、このようなものですね。

 

ブライダルサロン

ブライダルサロンやエステサロンなどの場合は必要なときに声をかけられる形で
出張するパターンが多いですから、
「就職」というよりはフリーのネイリストという感じですね。

 

美容室

美容室に就職する場合は、常駐の場合もありますし、
ネイル部門が併設されている場合もあります。

 

もちろん美容室に出張をお願いされるというパターンもあるでしょう。

 

独立

独立の場合は、当然、自分でサロンを開店するものや
上記のように就職ではなくフリーで色々な場所へ出張するパターンです。

 

ネイルスクール講師

これは、あまり選択肢に思い浮かばない人も多いですね。

 

しかし、ネイルスクール講師であれば、
サロンワークの接客の部分などが必要なく、とにかくネイルの技術を向上させたい!
という場合にはうってつけかもしれませんね。

 

もちろん講師をするので、生徒に教えるというお仕事はありますが、
接客などが苦手な場合には良い選択肢となるでしょう。

最初はネイルサロンが妥当?

ネイルスクールや講座を受けている人は
なんとなく疑問に思ってきていると思いますが・・・

 

「検定を受かってるくらいではお客様の施術は無理では?」

 

という疑問が出てきていますよね。

 

そうなんです。
実際にネイルサロンの募集条件の中にある「2級以上」などの記載は
検定に受かっているのは「最低条件」とされているところがほとんどです。

 

つまり検定合格があって初めて「この人は基礎の基礎はわかっているな」
という程度のレベルだということなんですね。

 

ですから、上に色々と就職先やネイリストとしての選択肢を書きましたが、

 

  • ネイルスクールを卒業したばかりとか、
  • ネイル講座を受けて勉強したところ・・・だとか

そういうレベルであれば、
やはりフリーで働いたり、独立して開業するレベルにあるか?といったら
正直、かなり厳しいのが現実です。

 

もちろん、検定を取って、さらに独自で勉強を続けて、
知り合いやお友達、また自分自身の爪で練習を重ねて
技術を向上されるのも1つの手段ではありますが、

 

やはりベターな流れとしては・・・

 

スクールなどで資格取得→ ネイルサロンで働く→ 接客、施術技術の向上
フリーや独立開業

 

という流れがスムーズな流れとなるでしょう。

 

あなたの現在のお仕事や状況を考えて、
上記を参考にご自身の進むべき道を考えてみてくださいね!

 

ネイルサロンに就職する際にもやはりネイル検定の合格があったほうが、圧倒的に有利になりますし、最低条件ということも多いので検定を考えてみてはいかがでしょうか?

 

こちらから様々なスクールや講座の資料を無料で請求できます。

 

地域別・通信/スクーリングなどあなたに合ったものを色々と選んで
一括で請求できますので、まずは気軽に資料請求からしてみましょう!

 

【無料】一括資料請求はこちらから



このページの先頭へ戻る